セアブラノ神 壬生本店@京都市四条大宮

P1180706(1).jpg

京都市四条大宮の『セアブラノ神 壬生本店』へ。
新潟のご当地ラーメンである燕三条系のラーメンが食べられるお店です。

メニューはこちら(クリックで拡大)。
P1180699(1).jpg

背脂煮干そば750円
P1180701(1).jpg

P1180703(1).jpg

P1180705(1).jpg

バチバチに効いた煮干しとたっぷりの大粒の背脂が攻めてくるオラオラ系のスープ。醤油のキレもあっておいしいですね。

平打ちの太縮れ麺はブツブツと切れたものが多くて残念。

トッピングは紫玉ねぎがアクセントで、レアチャーシューもおいしかったです。

京都で食らう燕三条系リスペクトの一杯!

個人的満足度:★★★☆

『セアブラノ神 壬生本店』←お店の詳細情報はこちら。食べログへジャンプします。

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

麺屋 八海山

大阪府高槻市の『麺屋 八海山』へ。
P1090278(1).jpg

こちらのお店は新潟県のご当地ラーメンである「燕三条系」のラーメンを提供しているお店です。
オープン当初に一度訪問しているのですが、先月新潟遠征を行ったので本場との食べ比べを試みようと再訪しました。

メニューはこちら。(クリックで拡大)
P1090280(1).jpg P1090282(1).jpg

煮干しそば700円を注文。

P1090283(1).jpg

P1090285(1).jpg


豚骨・煮干しベースのスープは『杭州飯店』ほどではありませんが煮干しの風味は意外としっかりとしたスープでした。
しかし、背脂の量は控えめでまろやかさに欠け、タレのキレや酸味も感じられず、それよりも黒胡椒や鷹の爪などのピリッとした辛味が強く感じられるスープでした。

関西ナイズなのか個性の表し方なのかわかりませんが、本場の味を求めている人にとっては大人しくてやや物足りなさを感じるスープだと思います。

麺は自家製の極太縮れ麺。
全粒粉配合の手打ち麺でハリのあるややガッシリとした麺で、「燕三条系」特有ののフワッモッチリとした食感が感じられませんでした。

具材はねぎ・メンマ・玉ねぎ・チャーシュー。
「燕三条系」のスープと相性が抜群の玉ねぎは個人的にはもっとたっぷり入っている方が嬉しいですね。

全体の感想はオリジナルの燕三条系ラーメン。
一杯のラーメンとしてみると十分おいしい一杯なのですが、燕三条系としてみると本場の味とは随分違うように感じました。
ご主人は日々改良に取り組まれているようで、今後どのようなラーメンを作られていくのか注目です。
また少し期間をおいて再訪しようと思います。

個人的満足度:★★★☆

『麺屋 八海山』
大阪府高槻市芥川町1-14-9 地図
072-684-1778
11:30~15:00 18:00~21:00
※平日は昼営業のみ
定休日 火曜
近くにコインP多数あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

【新潟遠征9軒目】 杭州飯店

新潟遠征9軒目は燕市の『杭州飯店』へ。
JR西燕駅から約800mの所にあり、私は龍華亭から45分かけて徒歩でお店に向かいました。
P1090068(1).jpg

燕三条系の元祖である『福来亭』の親族が昭和52年に創業したのがこの『杭州飯店』で、今や全国にその名を轟かせている名店です。
P1090087(1).jpg

メニューはこちら。
P1090071(1).jpg

中華そば750円+半ギョーザ400円を注文。

P1090076(1).jpg

P1090079(1).jpg

豚骨・煮干しベースのスープはガツンとくる煮干しの風味とキレのある濃いめの醤油ダレ、たっぷりの背脂が見事に一体となった非常にパンチのあるスープ。
煮干しの風味は『龍華亭』より強く、一口飲んだだけで口いっぱいに煮干しの風味が広がります。
これだけ大量の背脂が浮いているにもかかわらず、脂っこさを感じないのが燕三条系のすごい所ですね。
背脂の甘みが全体をまろやかにしてくれます。

麺は平打ちの極太麺。麺量はデフォで270gと多めです。
フワッモッチリとした独特の食感で小麦の風味も感じられるおいしい麺です。
麺の厚みが所々違い、厚みがないピラピラとした部分などもあり食感の違いがおもしろいですね。

具材は玉ねぎ・メンマ・チャーシュー。
シャキシャキの玉ねぎがこのスープと本当に良く合いますね。

P1090082(1).jpg

丼には杭州飯店と福来亭の両方の名前が入っていました。

P1090074(1).jpg

P1090075(1).jpg

餃子は普通のお店の何倍もある驚きの大きさ!
2個で400円という価格も驚き!(笑)

お味の方はと言うと、外はカリッと香ばしく焼かれており、皮が分厚くてモチモチしていました。
中には餡がギッシリ詰まっておりボリューム満点。1人なら2個で十分ですね。
特別おいしいという訳ではないのですが、名物なので食べられて良かったです。


全体の感想は恐るべし燕三条系ラーメン。
インパクト抜群の一杯ですがはじめのインパクトだけで途中で飽きが来るようなものではなく、最後まで食べさせるしっかりとしたうまさがありました。
期待通りのおいしい一杯が頂けて大満足でした。

個人的満足度:★★★★☆

『杭州飯店』
新潟県燕市西燕49-4 地図
0256-64-3770
11:00~20:30
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

【新潟遠征8軒目】 龍華亭

新潟遠征8軒目は三条市の『龍華亭』へ。
JR燕三条駅から約400mの所にあります。
P1090056(1).jpg

こちらのお店は新潟四大ラーメンの1つである『燕三条系』のラーメンが頂けるお店です。
燕三条系の大まかな定義としては煮干しが効いた濃いめの醤油味のスープに背脂が振りかけられ、合わせる麺は太麺(極太麺)。こんな感じでしょうか。

この燕三条系の元祖と言われているのが徐昌星氏が昭和15年に創業した『福来亭』です。
屋台の創業は昭和9年で、現在燕三条系と呼ばれているラーメンが提供され始めたのは昭和20年前後とのこと。

『龍華亭』は2006年に『福来亭 三条店』が移転し、改名されてオープンしたお店です。
現在は2代目の店主が切り盛りされているようですが、元祖の流れを汲んでいるということで訪問しました。

メニューはこちら。
P1090058(1).jpg P1090059(1).jpg

中華そば大油650円を注文。

P1090061(1).jpg

P1090062(1).jpg

P1090063(1).jpg

豚骨・煮干しベースのスープは背脂がたっぷりと浮いた中々迫力のあるビジュアル。
脂っこそうなビジュアルですが飲んでみると意外にも脂っこさは感じず、ビシッと効いた煮干しと濃いめの醤油ダレを背脂がうまく包み込んでおり、適度なこってりを感じさせながらもまろやかで甘みのあるスープでした。

麺は自家製の極太平打ちストレート麺。麺量はデフォで200gとやや多めです。
滑らかな喉越しでフワッモッチリとした食感でうどんっぽさも少し感じる麺。
ガッシリした見た目とは裏腹にソフトさを持った麺で、スープとのバランス・絡み共に良好で、小麦の風味もしっかり感じられるおいしい麺でした。

具材は玉ねぎ・メンマ・チャーシュー。
玉ねぎのシャキシャキ感が良いアクセントですね。

全体の感想は約70年もの間地元の方に愛され続けている味はやはりうまかった。
ずっと前から燕三条系のラーメンを食べてみたいと思っていたのですが、本場でこのようなおいしいラーメンに出会えて大変嬉しく思います。

個人的満足度:★★★★

『龍華亭』
新潟県三条市須頃1-22 地図
0256-33-9381
11:30〜14:30 17:30〜21:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

<新店> 麺屋 八海山

大阪府高槻市に先月28日にオープンした『麺屋 八海山』へ。『くじら軒』で修行された方のお店だそうです。
P1070329(1).jpg

P1070331(1).jpg

表には「燕三条系リスペクト」の文字が。燕三条系とは新潟のご当地ラーメンで全国的に有名なお店は『杭州飯店』でしょうか。
お恥ずかしながら燕三条系は食べたことがないので本来の燕三条系ラーメンがどのような味かはわかりませんが、こちらのお店のラーメンを食べた率直な感想を書きます。

メニューはこちら。
P1070334(1).jpg

煮干そば700円を注文。
P1070335(1).jpg

P1070337(1).jpg

豚骨・煮干しベースのスープはたっぷりの背脂が浮いており、脂っこそうなビジュアルですが飲んで見ると意外にもスッキリとしており、しっかりと香る煮干しと醤油ダレとのバランスが良く、デフォで入っている鷹の爪と黒胡椒がピリッとアクセントになっておりパンチのあるおいしいスープでした。

あくまで好みの問題ですが、黒胡椒はもう少し控えめで煮干しの風味を活かしても良いのではと感じました。

麺は自家製の手打ち式極太ストレート麺。
全粒粉配合と思われるうどんの様な太さの麺はゴワつき感はなく、モッチリとしたコシがありインパクトの非常に強い麺でした。

具材はねぎ・メンマ・バラチャーシュー。
スープがしっかりとした味付けの為かチャーシューの味付けは控えめで、煮込み過ぎによるパサつきもなく、肉の旨味と弾力が感じられました。メンマも中々おいしかったです。

全体の感想はパンチのあるスープにインパクト大の麺を合わせたボリューミーでおいしい一杯。

現在提供されているラーメンの味は一種類のみ(チャーシュー麺などはあり)なので今後のメニュー展開が気になります。

関西では唯一?の燕三条系を提供される貴重なお店ですので今後の更なる進化を楽しみにしています。

個人評価:★★★★

『麺屋 八海山』
大阪府高槻市芥川町1-14-9 地図
072-684-1778
11:30~14:30 17:30~20:30
定休日 不定休
近くにコインPあり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ
フリーエリア
最新記事
タグリスト
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ