スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萬福 下鳥羽店

京都市伏見区の『萬福 下鳥羽店』へ。
本店・京都駅前店共に訪問したことがあるのでこれで萬福全店舗制覇です。
P1080334(1).jpg

メニューはこちら。
P1080329(1).jpg

しょうゆラーメン650円を注文。
P1080331(1).jpg

P1080333(1).jpg

豚ベースのスープは豚の旨味と醤油ダレのキレとが相まってシンプルですっきりとしたおいしいスープでした。
これぞ醤油ラーメンといったオーソドックスな味で飽きが来ないスープですね。

麺は低加水中細ストレート麺。
少し硬めの茹で加減でしたがスープとの絡みはバッチリでした。

具材はねぎ・もやし・チャーシュー。
チャーシューは大きさが不揃いながらもかなりの枚数が入っており非常にボリュームがありました。
肉の味もかなりスープに出ていますね。
多くの方がチャーシューをおかずにライスを食べていました。

全体の感想はシンプルで飽きが来ず、たまに食べたくなる一杯。
チャーシューがたっぷり入った肉肉しい一杯でボリュームがあり、近くにあれば休みの日のランチにふらっと立ち寄りたいお店ですね。

個人評価:★★★

『萬福 下鳥羽店』
京都府京都市伏見区下鳥羽北ノ口町88 地図
075-612-8550
11:00~21:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌日に振替)
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

麺や もったいない

京都市伏見区の『麺や もったいない』へ。
国道1号線の大手筋の交差点を少し東に進むとお店があります。
ラーメン屋さんらしくないとてもオシャレな外観です。
P1080317(1).jpg

P1080318(1).jpg

以前はカフェやイタリアンだったのでしょうか?
店内もとてもオシャレでカウンターもゆったりと座ることができました。
P1080323(1).jpg

メニューはこちら。
P1080319(1).jpg P1080321(1).jpg P1080322(1).jpg

魚介豚骨つけ麺650円を注文。
P1080324(1).jpg

P1080326(1).jpg

P1080327(1).jpg


豚骨・魚介系ベースのつけ汁は出汁感が弱く、魚粉と背脂の味が強い非常にチープなつけ汁でした。
つけ汁が最初からぬるいのもマイナスポイントでした。

麺は太ストレート麺。
麺線が短くコシはありましたが小麦の風味は弱く、つけ麺の麺としてはやや物足りなさを感じました。

具材はねぎ・メンマ・レモン・煮玉子半分・チャーシュー。
チャーシューは冷え切ったままで、お世辞にもおいしいとは言えないものでした。
冷え切った脂身がおいしいと思って提供されているのでしょうか。
つけ汁に入れて温めようと試みましたが、つけ汁が最初からぬるい為温めることができませんでした。

全体の感想は価格は安いがまた食べたいとは思わないつけ麺。
こちらのお店は宝産業の系列なのですが、同系列の弁慶ラーメンも私は好みでなかったので、宝産業とは相性が悪いということがわかりました。

個人評価:

『麺や もったいない』
京都府京都市伏見区下鳥羽上三栖町20 地図
075-602-3318
11:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 無休
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

まる福らぁめん

京都市伏見区の『まる福らぁめん』へ。
近鉄竹田駅と京阪藤森駅の中間くらいの位置にあり、国道24号線からも近いです。
P1080307(1).jpg

メニューはこちら。
P1080309(1).jpg P1080310(1).jpg

まる福らぁめん650円を注文。
説明書きにはスパイスの効いた背脂醤油とありました。
P1080312(1).jpg

P1080314(1).jpg

P1080315(1).jpg

鶏ガラベースのスープはビジュアルはたっぷりと背脂が浮いたオーソドックスな背脂醤油ラーメンですが、一口頂くとピリッと来る唐辛子の辛味と胡椒のようなスパイシーな風味が口の中に広がる独特のスープでした。
どのようなスパイスを使っているのか詳細はわかりませんがこのスパイスがとても良いアクセントになっており、スープを引き締め、他店とは違ったキレのあるスープでした。

麺は低加水中細ストレート麺。
定番の組み合わせの麺は丁度良い茹で加減でスープとの絡みは全く問題ありませんでした。

具材はメンマ・チャーシュー。
ねぎはデフォでは入っておらず、タッパで提供されお好みで入れるスタイルでした。
ねぎ好きの方はたっぷり入れることができる嬉しいサービスですね。

チャーシューは他店の2倍くらいありそうな大きなものが2枚入っており食べ応えがあるのですが、
臭みがあるのが残念でした。
これでチャーシューがおいしければハイレベルな背脂醤油になると思うのですが。

全体の感想はオリジナリティのあるスパイシーなスープがおいしい背脂醤油ラーメン。
京都の背脂醤油の中でもおいしい一杯でした。
酒粕ラーメンもあるようなので次回はそれを試してみたいと思います。

個人評価:★★★

『まる福らぁめん』
京都府京都市伏見区深草西浦町8-114-1 地図
075-647-0033
11:00~23:00
定休日 不定休
近くにコインPあり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

天下一品 竹田店

京都市伏見区の『天下一品 竹田店』へ。
P1070457(1).jpg

メニューはこちら。
P1070463(1).jpgP1070462(1).jpgP1070470(1).jpg

カキフライ定食1100円を注文。

P1070464(1).jpg

P1070459(1).jpg

P1070461(1).jpg

こちらのお店はサービスカウンターがあり、ラーメンを注文するとにらにんにく・高菜・コーンなど10種類のお惣菜を頂くことができます。お惣菜をつまみなからラーメンの到着を待ちます。

ラーメン(こってり並)が到着しました。
P1070468(1).jpg
P1070469(1).jpg

鶏ガラ・野菜ベースのスープは天下一品ならではの高粘度のこってりとしたスープで、こってり具合は総本店と同レベルで提供温度も総本店と同じく熱々でとてもおいしいスープでした。

麺は中太ストレート麺。
少し柔らかめの茹で加減でスープがしっかり絡みます。
天下一品の木村社長も仰っているように、天下一品のこってりスープには普通より少し柔らかめの麺の方が合うのです。
少し柔らかめの方がこってりスープとよく馴染んでおいしく頂けます。

とは言っても、柔らかめが苦手という方や硬めが好みの方もいらっしゃるでしょうし、硬めで注文すれば快く対応してもらえますよ。

具材はねぎ・メンマ・チャーシュー。
今まで食べた天下一品の中で最も大きいチャーシューでした。
天下一品のチャーシューでよくある臭みは感じられず、しっとりとしていて中々おいしかったです。

P1070465(1).jpg

カキフライは1つ40gある大ぶりのものが4つでとてもおいしかったです。
タルタルソースがたっぷりなのも嬉しいですね。

全体の感想は無料のお惣菜や様々なオリジナルのサイドメニューがある「楽しめる」天下一品。

個人評価:なし

私は天下一品が大好きで竹田店を含み18店舗を訪問しています。
天下一品は天下一品という食べ物として認識しており、当ブログで紹介しているラーメンと同じ尺度で評価することは適正ではないと考えている為、評価は致しません。

『天下一品 竹田店』
京都府京都市伏見区竹田久保町20-4 地図
075-642-2950
11:00~翌3:00
定休日 無休
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

フリーエリア
最新記事
タグリスト
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。