赤のれん@京都府久御山町

IMG_9951(1).jpg

京都府久御山町の『赤のれん』へ。
3月1日にオープンした博多ラーメンが食べられるお店です。

メニューはこちら(クリックで拡大)。
IMG_9942(1).jpg

博多ラーメンかため650円
IMG_9943(1).jpg

IMG_9944(1).jpg

IMG_9948(1).jpg

IMG_9949(1).jpg

豚骨ラーメンの定番である高菜をつまみながらラーメンを待ちます。辛さはほとんどなく、ラーメンのアクセントと言うより、ご飯と頂くお漬物的な存在でした。

シンプルで見た目は結構リアルな博多ラーメン。味も博多感はきちんとありますが、どこか小さくまとまってしまっている印象を受けました。

天神旗のような強烈な臭みは食べ手を選んでしまいますが、せっかく博多ラーメンを謳うなら、もう少し豚骨らしさが欲しいところ。

定番の低加水細ストレート麺は良い硬さ。バリカタでもおいしいかもしれませんね。

トッピングは博多ラーメンの王道のものが鎮座。チャーシューが貧相なのが残念でした。

豚骨好きには嬉しいお店の誕生ですが、もう少し個性が欲しいところ。向かいのラーメン横綱に負けぬよう頑張っていただきたいですね。

王道の博多ラーメン店が誕生!

個人的満足度:★★★

『赤のれん』←お店の詳細情報はこちら。食べログへジャンプします。

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

都飯店

京都府八幡市の『都飯店』へ。
京阪樟葉駅から約2.8kmの所にある、四川ラーメングループの総本山です。
P1090910(1).jpg

メニューはこちら。(クリックで拡大)
P1090902(2).jpg P1090903(1).jpg

みそじろう700円を注文。

P1090904(1).jpg

P1090906(1).jpg

P1090908(1).jpg

鶏ガラ・魚介系ベースのスープは意外にも非常にどっしりとした粘度のある鶏白湯スープ。
チェーン店なのでそれ程濃厚でもないのに濃厚と謳っているのかと思いきや、
偽り無しの濃厚なスープでした。

そこに味噌とニンニクがプラスされ、実にパンチのある力強いスープですね。
二郎インスパイア系にありがちな化調バリバリの喉が渇くスープではなく、
ベースの旨味・甘みに味噌のコクがしっかりと感じられる中々おいしいスープでした。

麺は自家製の平打ち太ストレート麺。
『時代屋@大阪府寝屋川市』の麺にそっくりのピシッとしたハリのある麺でした。
個人的にはこのスープには丸い麺の方が相性が良いかなと感じました。

具材はキャベツ・もやし・ミンチ肉・チャーシュー。
チャーシューはレアタイプの大ぶりのものが2枚。
弾力があり肉の旨味がよく感じられるのですが味付けが非常に薄く、少し勿体ないなと思いました。

全体の感想はチェーン店も侮れないなと実感した一杯。
濃厚スープに太麺を合わせたボリューム満点の中々おいしいラーメンでした。

個人的満足度:★★★

『都飯店』
京都府八幡市男山松里15-17 地図
075-982-3540
11:00~23:00
定休日 無休
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

新福菜館 久御山店

京都府久世郡久御山町の『新福菜館 久御山店』へ。
新福菜館は本店・京橋店・守口店に訪問したことがありこちらで4店舗目です。
P1080208(1).jpg

メニューはこちら。
P1080199(1).jpg P1080200(1).jpg P1080202(1).jpg P1080203(1).jpg

中華そば650円を注文。
P1080204(1).jpg

P1080206(1).jpg

豚骨ベースのスープは一口飲むと醤油の香ばしさとキレが広がる醤油攻めの漆黒のスープ。
見た目の色とは裏腹に醤油辛さはなく豚の旨味も感じられ、醤油と豚の旨味と油分が一体となったおいしいスープでした。

麺は中太ストレート麺。
モッチリ感のある茹で加減でスープをよく吸います。

具材はねぎ・チャーシュー。
こちらのお店はもやしが入らないようで、その代わりかわかりませんがチャーシューがたっぷり入っていました。
大きさや形は不揃いながらもよく煮込まれた柔らかいチャーシューが食べても食べてもスープの中から出て来ました。
連食だった為注文しませんでしたが、本来ならご飯と一緒に頂きたいところでした。

全体の感想はたまに無性に食べたくなる醤油攻めの一杯。
最近の洗練されたラーメンもおいしいですが、長年愛され続けているこういったクラシカルなラーメンもやはりおいしいですね。

個人評価:★★★☆

『新福菜館 久御山店』
京都府久世郡久御山町町大字佐山小字双栗43 地図
0774-43-8600
11:00~21:00
定休日 水曜
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

ラーメン 京都一 久御山店

京都府久世郡久御山町の『ラーメン 京都一 久御山店』へ。
P1080196(1).jpg

メニューはこちら。
P1080184(1).jpg P1080186(1).jpg P1080188(1).jpg

どろつけ麺780円を注文。
麺は200gと300gが同価格だったので300gでお願いしました。

P1080189(1).jpg

P1080193(1).jpg

P1080194(1).jpg

豚骨・魚介系ベースのつけ汁は名前に全く偽りのないドロッとした非常に高粘度のつけ汁。
粘度で言えば『たけ井@城陽市』に引けをとりません。
肉片なども入っておりしっかりと煮込まれているのがわかります。

非常に高粘度ですが脂っぽさは感じず、魚介系はやや控えめで豚骨の力強さとコクが感じられました。
酸味や過剰な甘さなどはなく高粘度な点を除けば比較的食べやすい味付けだったと思います。
こういうパンチのあるつけ汁は私はかなり好きです。

麺は平打ちの太ストレート麺。
小麦の風味はやや弱いものの、噛むと歯を押し返す適度な弾力があり、食べ応えのある中々おいしい麺でした。

具材はねぎ・メンマ・海苔・チャーシュー。

P1080191(1).jpg

スープ割り用の出汁が入ったポットを提供してもらえるので自分好みで余ったつけ汁をスープ割りします。
鰹出汁をたっぷり注ぎ、柚子胡椒を少し入れて最後はサッパリと頂きました。

とは言ってもつけ汁が高粘度な為麺を食べ終わった時にはほとんどつけ汁が残っていなかったのですが…
メニューに100円でつけ汁が2倍になると書かれているのも納得です。

全体の感想は安心して食べられる豚骨魚介系つけ麺。
最近は豚骨魚介系が流行し過ぎたせいか、なんちゃっての全くおいしくない豚骨魚介系つけ麺にもたまに遭遇しますが、こちらのお店は丁寧に作られたおいしいつけ麺でした。
300gを780円で頂けるのでコストパフォーマンスも高いと思います。

個人評価:★★★

『ラーメン 京都一 久御山店』
京都府久世郡久御山町佐山東代1-3 地図
0774-45-3344
11:00~14:30 17:00~24:00
土日祝11:00~24:00
定休日 無休
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

ラーメン 幸樹 久御山店

京都府久世郡久御山町の『ラーメン 幸樹 久御山店』へ。
国道1号線沿いにあるド派手な黄色い外観が目印です。
P1080182(1).jpg

メニューはこちら。
P1080173(1).jpg P1080174(1).jpg

幸樹特製ラーメン700円を注文。

P1080176(1).jpg

P1080178(1).jpg

P1080180(1).jpg

豚骨・魚介系ベースのスープはザ豚骨魚介系の定番の味。
背脂が少し浮いており甘めの味付けのスープでこの甘さは少し好みが分かれそうな気がしました。
お好みでどうぞと提供された柚子胡椒を投入すると、柚子によるサッパリとした風味と胡椒によるピリッとした辛味でスープ全体が引き締まる印象を受けました。

麺は低加水中細ストレート麺。
グニュッとした歯を押し返す食感で、スープとの絡みも良く中々おいしい麺でした。

具材はねぎ・メンマ・海苔・チャーシュー。
スープと同じくメンマも甘めの味付けで、薄切りのチャーシューは臭みがあり残念でした。

全体の感想は700円という価格から考えると割高感が残ってしまう一杯。
決しておいしくないという訳ではないのですが、個性が感じられずボリュームもあまりないので、700円という価格設定だと満足度は低いですね。

個人評価:★★

『ラーメン 幸樹 久御山店』
京都府久世郡久御山町野村村東394-1 地図
075-950-2101
11:00~翌3:00
定休日 無休
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ
フリーエリア
最新記事
タグリスト
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ