スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下一品 総本店

P1060629(1).jpg

京都市左京区の『天下一品 総本店』へ。
叡山電鉄茶山駅から徒歩約10分の所にあるお店です。

中華そば(こってり)680円
天一(2)(1)

鶏ガラ・野菜ベースのスープは濃度は十分でしたが粘度が通常より少し低いように感じました。
行列を必死にさばくために、煮詰める作業の時間が不十分だったのでしょう。
とは言っても本店のこってりスープがうまくないわけがありませんよ。

麺は中太ストレート麺。
しっかり柔らかめの茹で加減でこってりスープとの相性は抜群でした。
当ブログで何度も書いていますが、天一のこってりスープには柔らかめの麺の方がベストマッチするんですよ!

具材はねぎ・メンマ・チャーシュー。

全体の感想は年明けラーメンに相応しい一杯。
1日の午前2時頃に訪問したのですが、私のように年明けラーメンを天一本店で食べようとする人で行列ができていました。


『天下一品 総本店』
京都府京都市左京区一乗寺築田町94メゾン白川1F
075-722-0955
11:00~翌3:00
定休日 木曜
駐車場あり


大きな地図で見る

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。          
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<過去記事> 麺屋 極鶏

京都市左京区一乗寺の『麺屋 極鶏』へ。タンポポで修行された方のお店です。
P1060413(1).jpg

鶏だく650円を注文。
P1060422(1).jpg

P1060425(1).jpg


鶏ガラ・鶏肉ベースのスープはドロドロで超高粘度のポタージュのようなスープで、同じ鶏白湯の天下一品を遥かに凌ぐレベル。粘度だけで言えば関西一ではないでしょうか。

旨味たっぷりの非常に濃厚でどっしりとしたスープですが背脂などは使用していないので脂っぽさはなく、タレも控えめで塩分もキツくないので、矛盾しているかもしれませんが重いのですが重くないそんなスープでした。

麺は中細ストレート麺。
麺を持ち上げるスープが麺にまとわりつきます。絡み過ぎと言っていいレベルです。

具材はねぎ・白髪ねぎ・メンマ・肩ロースチャーシューなど。
肩ロースチャーシューは大きくて厚みがあり非常に食べ応えがありました。

全体の感想は超高粘度超濃厚鶏白湯ラーメン。
食べた後にお腹にはずしりときますが、脂っぽい重たさや臭みなどもないので超濃厚ですが比較的食べやすい一杯でした。
とは言ってもこのレベルまでいくと好みは分かれるでしょう。

次回はタンポポらしさのある唐辛子入りの赤だくを食べてみようと思います。
スープの仕込みなど非常に大変だとは思いますが、今後の更なる進化を楽しみにしています。

個人評価;★★★★

『麺屋 極鶏』
京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7 地図
075-711-3133
11:30~14:30 18:00~売り切れ次第
定休日 月曜
近くにコインPあり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

つけめん 恵那く

京都市左京区の『つけ麺 恵那く』へ。
P1070314(1).jpg

メニューはこちら。
P1070315(1).jpg

つけめん780円の食券を購入。
P1070319(1).jpg

P1070321(1).jpg

P1070317(1).jpg

豚骨・魚介系ベースのつけ汁は動物系のしっかりとしたつけ汁で甘さと酸味のバランスが良く私の好みの味でした。
しかし、1つ残念だったのが香辛料の刺激が非常に強く喉に刺さる程だったこと。
トゲがありつけ汁のおいしさを邪魔してしまっているように感じました。

麺は太ストレート麺。
ムッチリとした麺はただ硬いとは違うしっかりした強めの弾力があり、食べ応え・存在感共に充分の麺でした。

具材はねぎ・メンマ・貝割れ・バラチャーシュー。

全体の感想は存在感の強い麺が特徴的で食べ応えのある豚骨魚介系つけ麺。
香辛料の強い刺激がなければかなり好みのタイプだったのでそこだけが残念でした。

個人評価:★★★

『つけ麺 恵那く』
京都府京都市左京区一乗寺高槻町20-2 地図
075-201-1931
11:30~14:30 18:00~20:30 
土日祝のお昼は~15:30まで
定休日 火曜・第3水曜

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

とりとんこつらーめん 満月堂

京都市左京区の『とりとんこつらーめん 満月堂』へ。
P1070304(1).jpg

メニューはこちら。
P1070306(2).jpgP1070307(1)(1).jpg

ラーメン並680円を注文。
P1070309(1).jpg

P1070311(1).jpg

鶏ガラ・豚骨ベースのスープは予想とは全く違いまるで魚介系とのダブルスープのようなあっさりとしスープでした。
非常にまろやかな口当たりで臭みはなく、ポタージュっぽさを感じさせるスープは万人受けしそうなタイプでした。

しかし、私はとりとんこつというネーミングから動物系出汁の力強さと深いコクを期待していただけに少し残念でした。

麺は低加水中細ストレート麺。
麺自体に特筆するうまさはありませんが絡みは良かったです。

具材はねぎ・メンマ・チャーシュー。

全体の感想はあっさりとりとんこつで少し物足りなさの残る一杯。

近くには天下一品総本店があり、差別化という点からあっさりに仕上げられているのかもしれませんが、個人的にはもう少し動物系出汁の力強さが欲しいかなと感じました。

あくまで好みの問題ですので、あっさり白湯が好みの方には丁度良いかもしれません。

個人評価:★★☆

『とりとんこつらーめん 満月堂』
京都府京都市左京区一乗寺塚本町106-3 地図
075-724-0576
11:00~14:00 17:30~23:00
日祝は~22:00まで
定休日 火曜
近くにコインPあり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

本格九州ラーメン 博多っ子

京都市左京区の『本格九州ラーメン 博多っ子』へ。京都では珍しい本場博多を謳うお店で期待が膨らみます。
P1070293(1).jpg

メニューはこちら。
P1070295(1).jpg

オススメと書いてあったトロうまラーメン700円を注文。
麺は福岡直送の細麺と普通麺から選択出来るので細麺を選択しました。
P1070297(1).jpg

P1070300(1).jpg

豚骨ベースのスープはややあっさり目の豚骨に背脂が浮いており、メニュー名のトロうまは乳化によるトロミではなく浮かべられた背脂から来ているようです。

背脂の強い甘味により醤油ダレの塩気が隠れてしまい、脂の味が前に出たややボヤけたスープに感じました。

麺は細麺と言うより極細のストレート麺。
博多や長浜でお馴染みの低加水の極細ストレート麺ですが、硬さの指定をしなかった為か柔らかいまではいきませんが歯応えがあまり感じられず、リアルさに欠けていました。

具材はねぎ・海苔・肩ロースチャーシュー。
シンプルな具材でこの点はリアルさを感じました。

全体の感想は臭みのないスープで万人受けしそうな一杯。
背脂が浮いていますが背脂嫌いの人以外はそこまで脂っこいとは感じない量だと思います。
その証拠にトロうまラーメンを注文しているお客さんが全体の約9割でした。

価格設定についてですが、700円はかなり割高に感じました。

P1070301(1).jpg

トッピングについては紅生姜と高菜が入れ放題の点は嬉しいポイントです。高菜は程よい辛さと味付けでスープとの相性がとても良かったです。ご飯との相性も抜群だと思います。この高菜は是非とも試してみて下さい。

個人評価:★★

『本格九州ラーメン 博多っ子』
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町2-19 地図
075-722-2654
11:30~14:00 18:00~22:00
定休日 月曜・第一火曜
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ


フリーエリア
最新記事
タグリスト
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。