【東京ツアー1軒目】 ラーメン二郎 三田本店

P1160205(1).jpg

全国のうまいラーメンを求めて食べ歩きをしているが、専ら地方のご当地ラーメンが好きな私は、関東特に東京のモダンなラーメンには興味がなく、横浜で吉村家等の家系の実食はあれど、東京のラーメンは食べたことがなかった。

東京のラーメンはさぞうまいんだろうなと想像はするものの、地方遠征においても感動するラーメンには沢山出会えた。それゆえ、東京のラーメンは後回しになり、47都道府県の最後にしようと決めていた。

しかし、先日仕事で東京に6日間滞在することになった。6日間もラーメンを食べないことは私にはできないし、せっかくの機会なのでとことん東京のラーメンを食べてやると決意した。

これまで数多くの二郎インスパイア系を食べてきた私にとって、その生みの親である二郎本店は特別な存在ではあるが、それを理由に1軒目にもってきたのではない。
オープン時間が早いことと、目的地までのルート上でアクセスが良かったことが最大の要因である。
仮に1軒目にもってこなくても訪問はしていたが、1軒目に二郎本店が食べられて良かったと思っている。

関係のない話はさておき本題へ。
平日10時前に到着すると、幸運にも待ちなしですんなり入店。厨房内には総帥の姿が。

メニューはこちら。(クリックで拡大)
P1160206(1).jpg

ぶたラーメン700円
P1160208(1).jpg

コールはヤサイニンニク。

背脂と液状油がたっぷり入ったオイリーな仕上がり。
豚出汁・化調・タレ・ニンニクが見事に調和し、何とも言えないパンチと中毒性のある味で、これが本物の二郎かとしみじみと味わいました。

P1160210(1).jpg

麺は平打ちの極太麺。
フワッと柔らかい食感の麺と、程良い弾力のある麺が混在していて、食感の違いが楽しい。インスパイア系によくある硬いだけのごわついた麺は皆無でした。

P1160208(1).jpg

具材はキャベツ・もやし・豚。
野菜は思ったより少なめ。初心者ということを見透かされたのでしょう。
クタッとせずシャキシャキ感がきっちり残っていました。

野菜で隠れていますが分厚い豚がゴロゴロと入っています。
タレがよく染みていて予想通りめちゃめちゃうまい。食べ応えも抜群です。

全体の感想は圧倒的な存在感を持った一杯。
これが二郎という食べ物なんだなと実感。総帥の作る本物の二郎が食べられてとても良い経験になりました。

個人的満足度:★★★★

『ラーメン二郎 三田本店』
東京都港区三田2-16-4
電話番号 非公開
9:00~15:00 17:00~20:00
定休日 日曜・祝日
近くにコインPあり
地下鉄三田駅から徒歩約8分(約600m)



ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
最新記事
タグリスト
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ