FC2ブログ

【新潟遠征8軒目】 龍華亭

新潟遠征8軒目は三条市の『龍華亭』へ。
JR燕三条駅から約400mの所にあります。
P1090056(1).jpg

こちらのお店は新潟四大ラーメンの1つである『燕三条系』のラーメンが頂けるお店です。
燕三条系の大まかな定義としては煮干しが効いた濃いめの醤油味のスープに背脂が振りかけられ、合わせる麺は太麺(極太麺)。こんな感じでしょうか。

この燕三条系の元祖と言われているのが徐昌星氏が昭和15年に創業した『福来亭』です。
屋台の創業は昭和9年で、現在燕三条系と呼ばれているラーメンが提供され始めたのは昭和20年前後とのこと。

『龍華亭』は2006年に『福来亭 三条店』が移転し、改名されてオープンしたお店です。
現在は2代目の店主が切り盛りされているようですが、元祖の流れを汲んでいるということで訪問しました。

メニューはこちら。
P1090058(1).jpg P1090059(1).jpg

中華そば大油650円を注文。

P1090061(1).jpg

P1090062(1).jpg

P1090063(1).jpg

豚骨・煮干しベースのスープは背脂がたっぷりと浮いた中々迫力のあるビジュアル。
脂っこそうなビジュアルですが飲んでみると意外にも脂っこさは感じず、ビシッと効いた煮干しと濃いめの醤油ダレを背脂がうまく包み込んでおり、適度なこってりを感じさせながらもまろやかで甘みのあるスープでした。

麺は自家製の極太平打ちストレート麺。麺量はデフォで200gとやや多めです。
滑らかな喉越しでフワッモッチリとした食感でうどんっぽさも少し感じる麺。
ガッシリした見た目とは裏腹にソフトさを持った麺で、スープとのバランス・絡み共に良好で、小麦の風味もしっかり感じられるおいしい麺でした。

具材は玉ねぎ・メンマ・チャーシュー。
玉ねぎのシャキシャキ感が良いアクセントですね。

全体の感想は約70年もの間地元の方に愛され続けている味はやはりうまかった。
ずっと前から燕三条系のラーメンを食べてみたいと思っていたのですが、本場でこのようなおいしいラーメンに出会えて大変嬉しく思います。

個人的満足度:★★★★

『龍華亭』
新潟県三条市須頃1-22 地図
0256-33-9381
11:30〜14:30 17:30〜21:00
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

【新潟遠征7軒目】 麺や 真登

新潟遠征7軒目は長岡市の『麺や 真登』へ。
JR長岡駅から約4.7kmの所にあり、私は長岡駅からバスでお店に向かいました。
P1090041(1).jpg

昨年の3月末のオープン以来、新潟県内でとても注目されている25歳という若き店主のお店です。

メニューはこちら。
P1090046(1).jpg P1090047(1).jpg P1090049(1).jpg

食券制なのですが食券機の写真を撮れなかったので卓上にあったメニューを撮影したものです。
薫る塩は680円・鳥だし醤油は650円・つけめんは750円です。

薫る塩680円
P1090051(1).jpg

P1090054(1).jpg

鶏ガラ・魚介系ベースのスープは油分が少なく非常にあっさりとしていて貝類の旨味がじわじわと感じられるスープ。
丁寧に出汁を取られているのは伝わってきますし、塩ダレも控えめで出汁の旨味を味わってもらいたいというお店の意向も伝わってくるのですが、インパクトが弱い…
所謂淡麗系のラーメンで、旨味や風味がじわじわと攻めてくる好きなタイプではあるのですが、あまり印象に残らないというのが正直な感想です。

麺は低加水中細ストレート麺。
麺自体に特筆はありませんがスープとの絡みは良好でした。

具材は白髪ねぎ・海苔・メンマ・桜海老・チャーシュー。
『春紀』『いち井』の塩ラーメンにも入っていましたが新潟では塩ラーメンに桜海老が定番のようですね。

チャーシューは『あっぱれ屋@京都府城陽市』にそっくりのもの。
ビジュアルや味、まわりに付いているブラックペッパーまで本当にそっくりでした。
仮にこちらのお店の方があっぱれ屋の影響を受けたのだとしたら、あっぱれ屋は今や関西圏を越えた名店になっているということですね。

全体の感想はじんわりおいしい淡麗系の一杯。
まだオープンして1年も経っていない新しいお店ですので、今後の進化を楽しみにしています。

個人的満足度:★★★

『麺や 真登』
新潟県長岡市喜多町1000-1 地図
0258-28-7234
11:30~14:30 17:30~スープ切れまで
定休日 火曜
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

【新潟遠征6軒目】 青島食堂 曲新町店

新潟遠征6軒目は長岡市の『青島食堂 曲新町店』へ。
JR宮内駅から約500mの所にあり、5軒目に訪問した『いち井』から徒歩数分で到着しました。
P1090029(1).jpg

こちらのお店は新潟四大ラーメンの1つである『長岡生姜醤油系』の元祖のお店です。
どの様なラーメンかと言うと読んで字の如く生姜が効いた醤油ラーメンです。

メニューはこちら。
P1090032(1).jpg P1090031(1).jpg

青島ラーメン700円を注文。

P1090034(1).jpg

P1090035(1).jpg

P1090036(1).jpg

豚骨ベースのスープは一口飲むと醤油の香ばしさと生姜の香りが口いっぱいに広がる正しく生姜醤油のスープ。
よく見ると表面の油分は意外と多く、濃いめの醤油ダレでしっかりと味付けされていますが、生姜による効果でしょうか、後口はとてもスッキリとしていました。

濃いめの醤油と生姜の組み合わせ・バランスが見事で、後引くうまさを生み出しており、最後まで飽きることなくグイグイ飲み進んでしまいました。

麺は自家製の中太ストレート麺。
滑らかな表面で喉越しが良く、噛むとモチッとした弾力が楽しめるおいしい麺でした。
スープとの絡みは良好で麺量は175gとやや多めですが、麺のおいしさ故スルスルッとあっという間になくなってしまいました。

具材はねぎ・メンマ・ナルト・海苔・ほうれん草・チャーシュー。
チャーシューは薄切りで大きさが不揃いながらも8枚程入っておりボリューム満点。
少し沈めてスープを吸わせたほうれん草もおいしいですね。

全体の感想はシンプルですが奥深いしっかり計算されたおいしいラーメン。
青島食堂は新潟県内だけでなく秋葉原にも店舗があるのですが大阪にはない…
大阪に是非とも進出して欲しいです。大阪にあったら絶対通います!

個人的満足度:★★★★☆

『青島食堂 曲新町店』
新潟県長岡市曲新町3-12-22 地図
0258-36-1253
11:00~20:00
定休日 第3木曜
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

【新潟遠征5軒目】 いち井

新潟遠征5軒目は長岡市の『いち井』へ。
JR宮内駅から約1kmの所にあり、新潟NO.1との呼び声が高い超人気店です。
P1090026(1).jpg

13時過ぎに到着すると25人以上の行列が…
休日はもっとすごい行列が出来ているそうで、2時間待ちもよくあるそうです。
1時間は並ばないといけないなと覚悟を決めて待っていると、偶然カウンター1席だけが空いたようで通して頂くことに。
先に待っている方々に「すみません。」と一言申し上げて30分程で入店。

メニューはこちら。
P1090016(1).jpg

塩800円+醤油800円の食券を購入。

P1090021(1).jpg

P1090024(1).jpg

塩から先に頂いたのですが好みだった醤油の感想から。
醤油は別名「焼きアジ醤油」と呼ばれており、アジ・サバ・カツオ・煮干しなどの魚介系と動物系のWスープとのこと。
茶色がかったスープは一口飲むと魚介系の風味と旨味がガツンと攻めてくる濃厚魚介スープ。

「これぞ焼きアジの旨味だ!」とは正直私にははっきりとわからなかったのですが、ふんだんに使われた魚介系による厚みのあるおいしさは感じられました。
濃厚な魚介の味がグッと攻め込んで来るのですが、後から柚子が香り、これが実に効果的でした。
柚子が香ることにより舌に重たさが残らず、余韻を残しながらもスッと消えていき、もう一口もう一口と飲み進むことが出来ました。

麺はややウェーブかかった中太麺。
スープとの絡みは良好でコシも感じられました。

具材は白髪ねぎ・海苔・メンマ・水菜・柚子・チャーシュー。


P1090017(1).jpg

P1090020(1).jpg
続いて塩。
塩は別名「焼きあご塩」と呼ばれており、アゴ出汁(トビウオ)をウリにした一杯です。

スープを一口飲むとアゴ出汁がしっかり香り、旨味も感じられるのですが重い…
油っこいといった重たさではなく、醤油のような奥深さに欠け、旨味がドタッと舌の上に乗ったままで消えないため、もう一口もう一口と飲み進めるのが少し辛いスープでした。

麺や具材は醤油とほぼ同じのため割愛します。

全体の感想は魚介出汁を強く押し出した個性的なラーメン。
こちらのお店は塩が有名のようですが私は醤油の方が好みでした。

個人的満足度:★★★☆

『いち井』
新潟県長岡市曙1-1-5 地図
0258-37-6521
11:30~14:30
定休日 日曜・第1月曜
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

【新潟遠征4軒目】 春紀

新潟遠征4軒目は柏崎市の『春紀』へ。
柏崎市と言っても中心部からかなり離れた山奥にあるお店です。
最寄駅は北条駅か下条駅でしょうか。最寄駅と言っても15kmは離れていますが。
私は安田駅前からバス+徒歩1.5kmでお店に向かいました。
P1090001(1).jpg

10時頃に到着すると一番乗りでした。
雪の中外で待っていると奥様がオープン前にもかかわらずストーブのあるお待ちのスペース(下の写真の扉の中)に入れて下さいました。ありがとうございました。

P1090004(1).jpg

しばらくすると2人組の男性の方がいらっしゃいました。
お二人ともラーメン好きの方でオープンまでラーメン話で盛り上がりました。
この後お二人には長岡市の『いち井』まで車で送って頂きました。
お二人には心より感謝申し上げます。

メニューはこちら。
P1090007(1).jpg P1090008(1).jpg

塩らーめん(味玉付)750円を注文。
P1090010(1).jpg

P1090013(1).jpg

豚骨・鶏ガラ・魚介系ベースのスープは一口飲むと海老の風味がブワッと広がる実に香りの良いスープ。
スープにはカラッと揚げられた桜海老が浮いており、これを使用した海老油を使われているのでしょうか。詳細はわかりませんが…

海老の風味の後には丁寧に抽出された動物系のクリアな旨味がじんわりと感じられました。
塩ダレはカドがなく塩気も控えめで出汁を活かしながらも全体を綺麗にまとめあげており、繊細で奥深いスープでした。
ご主人は20年以上和食の料理人をされていたそうで、その技術がこの一杯にギュッと詰まっている、そんな気がしました。

麺は平打ちの太縮れ麺。
プリプリでモチモチとした食感の麺は小麦の風味も良く、麺単体でも充分おいしい麺。
あっさりとしたスープに対して太麺ですがバランスは決して崩れておらず、麺のおいしさとスープのおいしさの両方をしっかり味わえました。

具材は桜海老・三つ葉・海苔・煮玉子・チャーシュー。
バラチャーシューは旨味を残しながらもホロッと崩れる柔らかいタイプで、厚みのあるものが3枚も入りボリューム満点。
黄身がトロリとした絶妙の茹で加減の煮玉子もおいしかったです。

全体の感想は文句なしにうまい塩らーめん。
スープ・麺・具材どれもハイレベルで、それらが見事に調和しており本当においしい一杯でした。


個人的満足度:★★★★★

『春紀』
新潟県柏崎市高柳町山中3644-1 地図
電話番号 非公開
11:30~15:00
定休日 火曜・第2月曜
駐車場あり

ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願い致します。
   ↓↓↓        ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
人気ブログランキングへ

フリーエリア
最新記事
タグリスト
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ